デキちゃうけど、ナカに出されてヘンになっちゃう

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

なんて事言ってみたいならこちら

突かれまくる由菜をタップ

まんが王国【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

まだ幼さを残した男の子タケシが頑張って可愛い女の子由菜に告白した結果、返事を貰わないまま仲良くなっていた。

そのまま1ヶ月が過ぎ、彼が遠くへ行ってしまう事になる。

学校の宿題という名目で彼女を自室へ誘ったタケシは、ドキドキしながら唇を合わせた。

彼にとっては初めてのキスで、女の子の唇の感触に酔いしれていたが、由菜は何やら反応が薄い。

それどころか初めての感動に打ち震えるタケシの様子を、物珍しそうに見ている感じだ。

彼女は少し前まで、年上の好きな男がいて、彼とその仲間達に犯されていた。

普通に宿題に取りかかろうとする由菜に、タケシは一気に迫ろうとしたが、その時、彼の兄が現れた。

まんが王国【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

どうやらタケシは習っている空手をサボっていたようで、それがバレて怒られるらしい。

そこで何故か、由菜の顔は青ざめていた。

この彼の兄こそが、以前自身に酷い事をしたメンバーの1人だったのだ。

高鳴る鼓動の中、一瞬でその感情を見透かされてしまい、またもや犯されるという結果となる。

「あかひゃっできっ」と快感に襲われながらもナカに出される事を拒否する由菜に興奮した男は、さらに彼女の身体を突きまくる。

むしろ「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」と言いながら、大量に奥へ出してしまう。

死ぬほど嫌な行為をされているのに、由菜はナカに出されてヘンになっちゃうのだ。

イキっぱなしになっている小さい娘に対して、彼は、まだまだ手を緩めようとしない。

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

デキちゃうけど、ナカでもいい気になる?

「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」という、まるでセリフみたいなタイトルだけに、一度目にすると気になってしまいますよね。

さらに、表紙画像には、何やらナカに出してもデキちゃいそうな気配がない女の子がいるしw

読み始めてみると、もしかしてさっきの予想間違ってないかも?なんて錯覚に陥ってしまいそうな可愛らしい由菜とタケシが出てきます

すごくぎこちないキスとか、もう見ているこちらが恥ずかしくなってしまうくらいです。

小さい美少女の由菜ちゃんばかりでなく、実は何気にこのタケシという男の子も割と良い感じだったりします。

ショタ好きが放置しておく事ができないタイプですね。

この2人の絡みとか、タケシが兄に攻められるシーンとかがあったら、さらに熱くなれそうだったのですが、さすがに「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」というだけに、一方的に由菜がヤラれちゃうお話です。

彼女は過去に、複数人に犯された事があるのですが、普通ならトラウマになる出来事ですよね。

でも、この娘、何となく違う気がしました。

むしろビッチ系の素質を持っているような感じですね。

まんが王国【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

そう思っていると、タケシの兄に即ハメ食らうシーンになるのですが、やはり予想していたような雰囲気となりました。

しかし、このお兄さん、こんな鬼畜野郎として出てこなかったら、普通にイケメンなのになあ、なんて事を考えてしまったり・・・

どうも回想シーンを見ていると由菜は、もっと大きな男達にハメまわされていた事がわかりますね。

彼の兄は、多分下っ端だったから、直接挿入する事が出来なかったと勝手に予測してみました。

そんな時、由菜本人が現れたのだから、もうヤルしかありません。

いきなり小さな口へ強引にぶち込んでも、素直に従う彼女は、やはりそっち系なのでしょうか。

由菜ビッチ説を考えてしまうような深い内容だけに、短い話だけど色々と考えさせられてしまいますね。

これなら、デキちゃうけど、ナカでもいい気になってしまうのは当然でしょう。

これだけいじめてオーラ全開の女の子が、ほぼ無抵抗ならハメまわしたくなるのは無理もありません。

それよりも、この前後の話が、とても気になるので、どうにかして作者の神寺千寿さんに描いて欲しいと思ってしまいました。

神寺千寿という作家

「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」を描いた作家神寺千寿(かみでらちず)さんは、萌え萌え~な女の子から可愛いショタキャラ、さらにはイケメン君まで、幅広くハイレベルに描く方です。

作品に妹や姉とガチな恋をする話とかあったりしますが、もれなく格好いい男の子が付いてきますw

エロい漫画にありがちな、キモい男なんていないので、読んでいて全然ストレスが溜まったり、胸糞悪くなったりしないのが素晴らしいですね。

だからこそ、神寺千寿さんの作品は、男性でも女性でも読めてしまうのだと思います。

あと、これだけの絵が描けるのだから、男子同士の絡みがあっても良いだろうと思っていたのですが、やはりBL作品も描いていました。

そちらは小杜蕗シンジ(ことぶきしんじ)という名前を使っているようです。

デジタルコミック配信サイト等で作者検索する時は、文字が超難しいと感じます。

杜(もり)、蕗(ふき)と読み方を覚えておくと変換しやすいですよ。

ご本人のブログ等を見ていても、何だかんだで、神寺千寿さんは小さい系の女の子が得意らしいです。

だからこそ、「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」の由菜のような良い意味で破壊力がスゴいキャラが描けるのだと思いました。

神寺千寿キャラに萌えたいならこちら

動く画像にタッチ

まんが王国【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】